社員ブログ

ブログ

 i-Construction推進について

我社では、国土交通省によるi-Constructionの推進を通じた生産性向上等の取り組みに、微力ながら積極的に参画しています。また、地上レーザ計測(高精度三次元点群データ作成等)やUAV測量(静止画・動画撮影、三次元モデル作成等)を用いた業務や自社検証試験の実施により、i-Construction推進に必要な技術・経験の蓄積を徐々に積み重ねています。

私は、既に年金が貰える年齢であり、i-Construction推進を支える最新の機器、ソフトウエアーを使いこなす能力があるかは、???です。ただ、建設部門の技術者としての経験は、十分に積んだと考えています。

この経験は、i-Constructionによる生産性向上等の取り組みのサポートや成果の評価において重要だと考えます。

i-Constructionは、その推進のための第一歩として、

・ICTの全面的な活用(ICT土工)

・全体最適の導入(コンクリート工の規格の標準化等)

・施工時期の標準化

の3つのトップランナー施策を設定しています。更に、ICTの全面的な活用では、土工以外の浚渫工等へ拡大する等、全ての建設現場でi-Constructionの取り組みを浸透させるとされています。この方向性を念頭において、私は、i-Constructionの課題に取り組むことが重要と考えています。