社員ブログ

水の森公園ボランティア活動-最近の状況について

はじめに図面写真掲載します

全体計画図

 

実施計画図

 

認定書交付式典写真

 

意見交換会写真

  

巣箱の設置作業写真

  

作業前の朝礼と作業の確認

 

 

「水の森公園」ボランティア活動-最近の状況について

1.これまでの取り組み

 平成24年度より「水の森公園」(以下、’’水の森’’という)の緑地保全活動を開始して丸5年が経ちまして一定の成果を得ております。

最初に「水の森公園緑地保全活動全体計画図」の朱色(赤色)の線で囲った範囲が全体面積の6.6haですが、平成27年度末までの4年間で約11,300㎡を整備いたしました。(整備率≒17.1%) 別図:実施計画図のとおり

今年度はO区域を中心にこれまで延べ人員78名で実質1,950㎡を整備いたしました。それで整備率は約20%になりました。

“水の森”に係るボランティア団体を運営している(公財)仙台市公園緑地協会の協議会に加入し「NPO法人緑十字軍」、「水の森ほたるの会」、「水の森公園に親しむ会」等と会議や意見交換を重ねています

    また、昨年の2月16日付で‘仙台市杜の都の環境をつくる条例’に基づく「緑の活動団体」認定の決定通知をいただき今後、3年間の活動認証を受けました。-認定書交付式典写真参照

現在、緑の活動団体24団体の皆さんとの会合にも参加して色々と意見交換をしています。-意見交換会写真参照

現地では活動3年目において、園内に営巣している小鳥たちのために巣箱の設置を行なってきました。-巣箱の設置作業写真参照

2.今後の取り組みについて

 これまでも当社14名の社員と共働で構成している他社(U,Sa,Se,M)19名の皆さんと個人参加の3名(学生のJM,RMさんとS氏)の方々で活動を続けてまいりました。今後2箇年(H29~H30)でP~Qで示した区域(約4,000㎡)の整備(散策路等の具体的な整備計画案作成など)を予定しています。

平成29年度計画は以下のとおりです!

①原則、毎月第1土曜日の午前9時から12時まで作業する-雨天延期

②各社5人の登録(うち責任者1名選定)

③巣箱を設置する・・・H26年度に引き続き製作する

④参加者募集PRパンフレットを作成し近隣施設へ配布、掲示してもらう

⑤園内散策路計画(案)を作成する-管理者への説明をする

⑥現地に水の森里の会の案内看板を設置できるか検討する-再検討

以上でありますが、”水の森”の隣接地には白鳥の飛来する丸田沢西堤や三共堤があり超自然が満喫できます。この2年間社外ボランティアとして3名の方々と共に活動しておりますが、学生のJM,RMさんは今年一杯で卒業です。水の森里の会ボランティア活動はこの先長い工程を残しておりますので幅広く地域住民と協働作業を行ない、自然のめぐみを感じとり環境を創ってゆくために社員の皆さんの一層のご支援を賜ればありがたく思います。

投稿:事務局担当 A.S       H29.2.15