株式会社センソクコンサルタント

メインメニュー

事業案内

地上測量

基準点測量

基準点測量は既知点に基づいて、基準点(あらゆる測量の基準となる点)の位置または標高を定める測量です。
既知点の種類、既知点間の距離及び新点間の距離に応じて、1級基準点測量、2級基準点測量、3級基準点測量及び4級基準点測量に区分されます。
観測は、トータルステーションを用いて、関係点間の水平角、鉛直角、距離等を観測する作業と、GNSS測量機を用いて、GNSS衛星からの電波を受信し、位相データ等を記録する作業があります。

基準点測量(TS)
基準点測量(GNSS)

水準測量

水準測量は、既知点に基づき、新点である水準点の標高を定める測量です。
既知点の種類、既知点間の路線長、観測の精度等に応じて、1級水準測量、2級水準測 量、3級水準測量、4級水準測量及び簡易水準測量に区分されます。
観測は、レベル及び標尺等を用いて、関係点間の高低差を観測する作業です。

水準測量
水準測量

地形測量

地形測量は、数値地形図データ等を作成と修正、及び地図の編集を行う測量です。
数値地形図データは、地形、地物等に係る地図情報を位置、形状を表す座標データ、内容を表す属性データ等として、計算処理が可能な形態で表現した図面です。
数値地形図データの位置精度及び地図情報レベルは、目的及び地図情報レベルに応じて、地図情報レベル250、500、1000、2500、5000、10000に区分されます。
観測は、TS等又はGNSS測量機を用いて、地形、地物等を測定し、数値地形図データを取得する作業です。

地形測量

応用測量(路線測量、用地測量、河川測量)

さまざまな測量を組合せ、一つの成果を作り上げます。

路線測量は道路、鉄道などの交通路や、上下水道、かんがい、用排水路などの水路を計画・設計するために、調査や工事を行うための測量です。

横断測量:中心線に対し直角方向の断面を測量し作図する。設計の土量計算に使用する。

用地測量は、土地及び境界等について調査し、用地取得等に必要な資料及び図面を作成する作業です。

境界確認:現地において関係者と境界点の立会を行う。

河川測量は、河川の形状、水位、深浅、断面、勾配等を測定し、平面図、縦断面図、横断面図などの作成や、流速、流量などを調査する作業です。