株式会社センソクコンサルタント

メインメニュー

事業案内

土木設計

道路設計

道路は様々な役割や機能を果たします。道路計画では道路に必要な役割や機能を的確に捉え、整備効果を十分発揮できる道路計画を行います。また、道路利用者の視点、沿道住民の視点、道路事業者の視点などから総合的に道路機能を評価し最適なみちづくりを提案します。道路設計では、平面・縦断設計、横断設計、排水設計、付帯構造物設計など多岐にわたった設計を行います。各々の設計において、安全性への配慮や沿道環境への配慮などの利用者や沿道住民のニーズに対応するとともに、詳細な検討を行い、最適な構造や手法を選定して設計を行います。

土木設計/交差点設計

河川・砂防設計

川は人々に潤いを与えるとともに、多様な生物の生息・生育の場として重要なものであり、自然環境の保全・復元を図る多自然型川づくりが行われています。また治水対策の整備にあわせて、川本来の特徴や地域の特性を生かしつつ、まちづくりと一体化した水辺空間の整備が促進されています。弊社ではこのような整備事業の設計を行っています。

農業土木設計

農業経営のニーズに応えつつ、生産の原点である農業が後世の資産となるよう調査・測量から設計まで、一貫した作業体制で、農業生産基盤である農道・水路・ほ場整備・農地防災等の計画設計、農業生活環境基盤である農業集落道・農業集落排水施設・農村公園等の計画及び設計をします。

下水道設計

下水道は、住環境の改善、豪雨による浸水防除のための基盤施設として私たちの暮らしに欠くことのでじないものであるとともに、私たちの生活に潤いをもたらす川、海といった水質保全のためにも重要な施設です。住民生活の基盤を支える自治体業務の一つである下水道事業、弊社は公共下水道・流域下水道において下水道管渠の実施設計を行っています。また、測量と建設コンサルタントの技術を持って下水道の設計から下水道管理台帳などの維持管理業務の支援も行っています。

公園設計

近年の防災意識の高まり、地球温暖化の防止、地域交流の観点から公園整備は都市環境の改善、防災活動の拠点としての役割が高まっています。弊社では「なにを、だれのために、どこに」を具体化し、地域の現況特性やニーズとの調和を図りながら、地域の主体性を踏まえて計画することが重要といえます。それらから、現況の地域特性、立地特性、環境特性など多面的な分析に基づき、機能計画、動線計画、景観計画、造成計画などを細部にわたって検討します。