株式会社センソクコンサルタント

メインメニュー

事業案内

空中写真測量

数値図化

数値図化とは、航空写真等を立体観測装置を使用して地物を三次元計測する作業です。
素材となる写真は、航空機から撮影された垂直写真はもちろん、現在ではUAVにより撮影された写真画像も利用できます。過去に撮影されたアナログ航空写真も、スキャナ等でデジタル画像化すれば数値図化機に取り込めます。
立体観測装置(数値図化機)に違う視点から撮影した重複する2枚の画像を取り込み、立体表示された画像から地物をなぞるように地形図を作成します。このときに平面位置(XY)と標高(Z値)を同時に取得していきます。
現在航空機による撮影時には、GNSS/IMU装置を搭載して画像の位置・座標を取得できるので、その情報を取り込めばそのまま数値図化できます。GNSS/IMUのデータについては精度が高まってきていますが、それだけでは精度を確保できないので、事前に対空標識を設置・観測した成果や、撮影した写真に写っている明瞭な点を現地にて刺針測量してきた座標値を取り込むなどして同時調整(空中三角測量)を行えば、より精度を高めることができます。

数値図化機(Summit Evorution)
数値図化作業風景

数値編集

数値編集とは、使用目的にあわせた地形図データを作成することです。
数値編集の元となるものは、数値図化で取得した三次元計測データ・既存の数値地形図データファイル・各種CADデータ・ラスターデータ(紙・マットフィルムなどの図面をスキャニングしたもの)などです。
数値図化で取得したデータについては、現地調査した結果をもとに形状等の修正を加えたり、注記(文字)を配置したり、目的(一般図・各種台帳など)にあわせて取捨選択し図面データを作成します。
数値地形図データファイル・各種CADデータ・ラスターデータについては、既に地形図として完成しているものを経年変化修正や使用する目的・縮尺にあわせて編纂し、図面データを作成します。ラスターデータについては、始めにベクトル化(マップデジタイズ)する作業があります。
作成した地形図は数値地形図データファイル(DMデータ)や各種CADデータに変換したり、出力図として成果品になります。

数値編集用CAD(MicroStation)と三次元数値編集ソフト(DM-Pro)

オルソ作成

オルソ画像とは、標高データを用いて歪みをなくし、位置情報をもった画像データをいいます。
空中写真は中心投影で撮影されている為、画像の中心から離れるほど歪みが大きくなります。また建物などの構造物は倒れたように写ってしまいます。さらに起伏の大きな地形になると標高の高いところは大きく、低いところは小さく写ります。これらを調整するためには標高データを使用します。標高データは国土地理院の基盤地図情報や数値図化機などによって取得された3次元データです。3次元データを使用して写真の位置・大きさ・相対位置などを修正したものをオルソ画像と言います。オルソ画像では位置や面積、距離などを正確に計測する事が可能となります。
オルソ画像は位置情報を持っているので、地形図などから情報(道路名や建物の名称・記号など)を重ね合わせて写真地図を作成する事もできます。オルソ画像は地形図と違い、視覚的に地形を認識しやすいということで一般の方に説明する時などは有効です。

オルソ画像
写真地図(地形図と重ねたもの)